ウォーロック

この小説の合計枚数=2枚(ページ換算)更新日2012年9月16日


小説:小説一覧ヘ

ダークリベリオン反逆の軍記

前書き

ここは暗黒の地下世界[アビス]何も見えない闇が妖しく光ると、悪魔が生まれた。
また妖しく光ると魔人が生まれ、次に光った時は魔物が生まれた。
妖しい光は魔の者達を生み出していったが、だんだんその光は小さくなり闇と共に消えた。
すると魔の者達の世界になる。即ち魔界がここに誕生した瞬間である。



プロローグ


いつの頃か人々はこの世界をアビスと呼んだ。そして、魔物が昼夜問わず徘徊して 、

まさに魔界と化していた。ただ、人々は危険を冒してまで暮らさなければならない。

だからこの世界は暗黒の時代を迎えている。

月日は流れ、対策を取ろうとしていた。

対策の目的は現状の改善と危険因子たる魔物の活動を沈静化。目的よりも重要なのは

目的達成をできるだけの人材を増加させること。対策を執行している中でだ。

各国の王達は、対策会議の中でその者達の名をハンターと命名して、対策を

実行する命を下す。対策は実行されたが、不思議なことがおきた。

対策をサポートするための研究の中で見つけた。怪しく光る不思議な石を。

そして発見した研究員が命名して、この石を魔石ゲンマギア呼ぶことになった。

そんな発見があったので、王様に報告する事にした。王様はこれが気に入ったようだ。

inserted by FC2 system